FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここだけの本当の話

「根拠はなんですか」

と問われそうな話ですが、これからお話するのはとりあえず事実なんです。

今朝、ふと気づいたのですが、当塾「数の理ゼミナール」を開塾しまして今年で8年目に入ったのですが、

これまで「数ゼミ」から国公立大学へ入った生徒(ざっと50人超えますが)はみんなハキハキしゃべる子

ばかりなんですね。

何度思い返してもそうでない子は思い浮かばない。

見事に全員ハキハキと理路整然と受け答えをする子ばかりなんです。

私がこだわる国公立大学へ入れるためには勉強より先にハキハキとしゃべる子をつくった方が早いんじゃないか

と思えるほどです。

ですから、逆に何度注意してもボソボソと受け答えをする子はやっぱり伸び悩んでいます。

こちらから質問しても必ず「声が小さい!」と注意して聞き返さないといけない。

何度注意しても、厳しく言っても直らない。

やっぱりご家庭ですかね。

それも親と子の会話。ここだと思います。

他人と話ししていても自分の親と話ししてるように甘えてるんですね。

結局、試験問題は質問と回答、つまり会話と同じ。

会話で相手がわかるように説明できない子はやっぱり「試験下手」なんですね。

一度お子さんとの会話を点検してみてください。


スポンサーサイト
07/24. 17:17 [ 未分類 ] CM1. TB0 . TOP ▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。