FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中学校選びは慎重に。
ほぼ試験も終わり、その結果が出揃い、今年の中学校受験は
終わろうとしています。

悲喜こもごも、思い通り第一志望を手に入れた人もいれば
どこも通らず残念ながら公立中学へ行く人まで
本当にさまざまだと思います。

「数ゼミ」では、今年中学校受験をした人は一人でした。

お陰様で何とか家から一番通い易くて、本人も希望しご両親も納得していただける
私立中学への合格を勝ち取ることが出来ました。

ちょうど一年前のこの時期、この生徒が「数ゼミ」にやってきた時のことを思うと
感慨にも似たものを覚えます。

彼が「数ゼミ」にやってきたのは、算数が苦手なので
何とかして欲しい、というものでした。

もちろん、本人もご両親も中学校受験を意識しておられましたが
その時点で通っていた塾では、算数がなかなか伸びないので
中学校受験にあまり期待をかけられない状態だということでした。

実際に本人を指導してみると、私にはこの生徒が算数が苦手とは思えませんでした。
むしろ、得意と言っててもいいだろうと、判断しました。

ですからすぐにお母さんに
「この子は算数は得意教科になると思います。
ですから十分中学校受験できると思います。」
と、申しました。

この時私が、この生徒が算数得意だろうと判断したのは、その理解力ゆえでした。

こちらが教える内容に対する反応がすごく良かったからです。

結局その後、前の塾を辞められて、4教科すべて「数ゼミ」で面倒見ることになりました。

但し、理解力はあるものの、全然といっていいほど勉強量が足りてませんでしたので
これは時間との戦いになるなぁと、気合いを入れたのを覚えています。

最初はこちらの質問に、あまり考えないで根拠のない答えをあてずっぽうで
言ってみたり、問題を全然読まずに、文章題を解き始めたり
今だから言えますが、それはもう大変でした。

ところが夏休みの中間あたりから、急に容貌が大人びてきたなぁと
分かりやすく言えば、男の子からちょっとおっさん臭くなったなぁと感じた頃に
こちらの質問に根拠のある答えを、間違っていても返すようになってきたんです。

答えに根拠がありますから、間違っていても私と議論が出来ます。
そうすると、本人が根拠を持って理解できますから、少々の難しい問題でも
解けるようになり、そのうちに一人でどんどん解けるようになってきました。

そのころからやっと「何とかなりそうだ。」と私も手応えを感じるようになりました。

今現在本人は、意欲満々に英語にもうすでに取り掛かっています。
それはちょうど伸び盛りの途中で受験を迎えたからだと思います。
もっと詰め込めば、もっと上の学校に行けたかもしれません。
けれどもそうした場合、本人は多分ヘトヘトになって、中学校に入って
しばらくの間、勉強に対して拒絶反応を起こしていただろうと思いました。

こうした場合、立ち上がるのに結構時間がかかり、最悪の場合高校まで
尾を引いて大学受験に間に合わなかった例も、ちらほらではなく
あちらこちらに見かけます。

これから中学校受験をお考えのご家庭では、なぜ中学校受験をするのか
考えていただきたい。

そして中学校受験は、大学受験を最終目標とした、通過点だと考えていただきたい。

そして中学校受験は、大学受験より落ちる確率が高くて
そんな過酷な受験を、幼さの残る小学生にさせるんだと
十分認識していただいて、親子ともども覚悟を決めて
信頼のおける塾をじっくり探していただきたいと思います。

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。