FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


試行錯誤 トライ&エラー
中学受験、高校受験、大学受験(特にセンター試験)、いずれにおいても数学・算数が大きなネックになってる生徒が全体の中の割合としても一番多いようです。

それは私の塾の「数の理ゼミナール」でもこのところ急にお問い合わせ、また入塾希望者が多くなったことでもわかります。

「ああ、そろそろ受験の季節なんだなあ」としみじみ思います。

それには、いろいろと原因があると思いますが、やはり、数学・算数(理科の物理分野の一部)が他の教科と少し性格を異にすることにあると思います。

数学以外の教科はどちらかというと「暗記」を主として勉強を進めるのに対して、数学・算数は「問題を解く」ことが主になります。

「暗記」は自分で進めることができますが、わからない問題は、「解き方」を教えてもらわないと一歩も前へ進めません。
だからなかなか、自分一人で勉強できないんですね。

さて、数学を勉強するにおいて何が大切か。
まず良い先生を見つけて下さい。

出来ればマンツーマンに近い形で。

「数の理ゼミ」ではほとんど個別に近い形で教えます。

それでも、個人差が出来ます。
同じように教えていてもです。

なぜ、個人差ができるのでしょうか。

「能力」「頭の良さ」。もちろんそれも一つの要因です。

でも、私はどうも「能力」「頭の良さ」頼も大きな要因があるように思います。

それは「性格」です。

それも「失敗を恐れない」「七転び八起き」の性格だと思います。

難しい問題でも、一度、無茶苦茶でもいいから一度自力でやってみる。
一度や二度うまく答えまで行き着かなくても自分のもてる知識をすべて駆使して解こうとする。

こういう態度で算数・数学の勉強にのぞむ子は多少時間はかかりますが最後とんでもなく伸びてきます。

ではこんな性格はどうすれば子どもに身に付くんでしょうか。

それは一も二もなく、親の考え方です。

お父さん、お母さんがそんな風に、日常の生活で、いろいろ工夫して、トライされているご家庭の子どもさんは、やっぱり試行錯誤の考え方を見につけているようです。

逆にすぐに、あきらめたり、うまくいかない原因をすぐに他人や、ご自分以外のせいにされるご家庭の子どもは、依頼心が強く、自分で考える前にすぐに、インスタントに答えを欲しがります。

インスタントに得た答えは、なかなか身に付きません。

やはり子どもは親を見て育ち、家庭の外では、両親の生き方、考え方を真似して生きているんですね。



スポンサーサイト
10/21. 10:47 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
「まだ」か「もう」か。
受験生にとって秋はいやですねえ。

私も浪人をしましたから、よくわかるんですが。秋はいやですねえ。

10月ともなると、朝晩すっかり秋めいてきます。
特に、夕方、日が暮れるのがめっきり早くなります。
季節が進んだことを実感します。

季節がすすんだと言うことは、時も確実に進みます。

ここで、一般には夏の疲れが出てきて、これが本当の「夏バテ」と言うらしいです。ハイ、一説によれば。

ところで受験生には、「夏バテ」どころか、「夏休みの反省」が・・・。

今頃反省してもしょうがないんですが。

とともに、「焦り」が、そう受験生最大の難敵「焦り」が突如心の中にむくむくとわいてきます。

ふと気が付けば、今年もあと3ヶ月、入試まで4ヶ月~5ヶ月。

おまけに、夏休みは計画通りには進まなかった。
それどころか、年度当初4月の予定ではもっとできているはずやったのに。ああ、どないしょ。

ここで、ちまたにあふれる受験書や、体験談では
「焦ってはいけません。」
「もう、10月だ、と思わずに、まだ10月だの気持ちで」
とか、いうところです。

私はそんなこといいません。
焦るのはしょうがないんです。
それに、あせらない受験生はあきません。

これまで、何千人という受験生をみてきたけれど、まず焦ってない受験生は駄目ですねえ。

口では「焦ってません。大丈夫です。」言ってても、そんなもん、問題を解かせれば一発でわかります。雰囲気、仕草でね。

でも、たまーに、ほんまに焦ってない受験生がおります。この時期に。

まず、アカンね。

結局、どれだけ勉強しても、落ち着きません。

逆に、焦ってるというのは、自分の弱いところ、まだ勉強が行き届いていないところがよく分かっているんです。

いま、この時期に落ち着いてられるのは、自分の現状が全くわかっていない、よっぽど、鈍感か、おめでたいやつです。

このことは、かなりの確率で言えます。

入試のあとで「できなかった。」いうこの方が「できた」という子より
結果、通ることとよく似ています。

あれも「できなかった」という子は、その入試の問題の本当の難しさを
よく把握しているのです。だから、こんな子は、できた問題はきっちり得点しますから、首の差一枚で通ってきます。

「できた」という子は、ちょっと信用できません。

そもそも、入試問題はむずかしくしてあるんです。
満点とれないように、難しい問題を入れてある。
よその学校や、世間への対面もありますから。

受験生諸君もっとあせりなさい。
あなたの、おしりには火がついているんです。
一分、一秒を惜しんで勉強しなさい。
ただし、浮気心はだめですよ。
いまやっていることで、効果が上がっているなら、そのまま一心不乱に突き進みなさい。

もし、そうでないなら、早く、軌道修正して、残り5ヶ月頑張りなさい。

きっと、来年の4月、穏やかな心地よい春風に舞う桜吹雪のなか、万雷のはくしゅに包まれた、入学式を迎えているでしょう。

一層、奮闘努力せよ。健闘を祈る。




10/04. 12:58 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。