FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏期講習にご用心
この時期どこの予備校でも、夏期講習の募集を盛んにやっています。

現役の高校生にとって、ほとんどの生徒が、クラブを引退して、大勝負の夏休みをいかに過ごすかで、現役合格か、浪人かが決まります。

その意味でも、夏期講習に大きな期待を寄せて、申し込む姿が例年見られます。
これは、浪人生も同じことです。

けれども浪人生諸君はちょっと思い出して下さい。
去年の夏休みのことを。
思ったほど、計画通りに勉強できましたか。
もちろんできなかったから浪人してるんですけど。

その去年の夏休みの勉強を失敗した原因は何だったですか。
思い出してみて下さい。

私は、予備校の夏期講習が、大きな原因だと、いつも言ってるんです。

「数の理ゼミナール」では「授業は勉強時間に入れない」「聞くだけは勉強にならない」「勉強とは、覚える、解く,書くである」と口うるさく言っています。

そうなんです、どんな有名な、実績のある、実力のある講師の授業でも聞くだけでは全然実になりません。

だから、夏休みの勉強時間に夏期講習の時間は入れてはいけないんです。

英語だったら、必ず訳してから、授業にのぞみ、その後覚える復習をする。
数学は、必ず解いてみて、わからない所を明確にして、授業にのぞみ、
その時間内で解決して、その後何度も(最低3回)反復して解く。

これだけのことをしないと講習料を払って、わざわざ行く価値を得られません。

ですから、夏期講習は、たっぷり、前後の予習、復習の時間がとれる程度の時間割にしておいて下さい。

くれぐれも、夏休み目一杯夏期講習に行き倒して、大満足しないで下さい。
そんなことしてると、秋には、志望校変更(国公立をあきらめる)や、
早々と浪人が確定的になってしまいますよ。

皆さんにとって、夏の怪談より怖い話でした。

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。