FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高校数学で地獄を見ているあなたへ ②
 このタイトルどうり高校の数学で地獄を見ている高校生は山ほどいると思います。

 私も今は高校数学を教える立場にいますが、高校時代は数学で地獄を見ました。

 「中学校のときは数学がわかっていたのに」

 「中学校時代はどちらかというと数学は得意だったのに」

 こんな想いの高校生も多いと思います。

 ではなぜ高校生になったとたんに数学がさっぱりわからなくなるのでしょうか。

私なりに自分の経験から思うことをあげたいと思います。

 ①まず「実は中学数学はそんなに難しくない」ということです。

  私の感覚では小・中・高の数学で一番難しいのは「中学校入試」の文章題だと

思います。

  つまり小学校算数の文章題が一番難しい。

これは方程式を使えないことが一番の理由だと思います。

  次が「高校数学B」「高校数学 Ⅲ」および「高校数学 C」そして

「高校数学 A」の順です。

それらにくらべて「中学校数学」は本当に易しい。

文章題の割合が少なく、方程式、文字式,因数分解で全体の3分の2がだいだい

解決してしまう。

  三角形の合同・相似の証明があるけれどもこれも後の高校の数学の証明に比べれば

  序の口と行って良い。

  ところが高校の数学は中学校の数学より数段難しい。

  全く別物ととらえても良いかもしれません。
 
  それほど「中学校数学」「高校数学」には差があります。

  それでも高校に入っての最初の一学期の中間考査の範囲は中学校の数学をちょっと

  難しくした程度だから何となく乗り切ってしまう。

  ところが期末考査の「2次関数」「2次不等式」あたりになるとぐっと難しくなる。

  それも教科書を読もうが、参考書を見ようが、先生に聞いても、さっぱり理解できない。

  気がつくと「わからない地獄」にどっぷりとはまってしまっている。

  本当は3月の中旬の合格発表から入学して授業が始まる4月中旬までの約1ヶ月の間に

  ほぼ中間考査の範囲を予習(学校から渡された問題集を解く)しておかないと実際に授業が

  始まるととてもついて行けないのです。

  さてここでもう一つの大きな問題が生じてきます。

    「高校数学を教えれる人がいない」

  ということです。

  これについては次回じっくりお話したいと思います。

スポンサーサイト
オリンピックと同じ
いよいよ夏休みも四分の三が終わりました。

受験生、特に高校生の皆さんは、少々焦り気味と、疲れてくる頃です。

もう一度、この夏休み、出来たことと、出来なかったことを整理して、残りの10日間頑張って。

二学期に入ると、毎週のようにどこかで模擬テストが行われます。

皆さんも毎月、受ける予定だと思います。

この高三の(浪人生も含めてですが)2学期の模試が、本当に参考になる模試になります。

これまでの模試の結果は全然参考にならないと言っても過言ではありません。

なぜなら、公立も私立も全員が、受験体制に入って勉強し準備をしてくるわけですから、

本当の自分の位置がわかります。いわゆる偏差値ですね。

ここで大事なことは、結果に一喜一憂しないことです。

一憂しないことも大事(どんな結果が出ても前進し続けなければなりません。受験の日の朝まで実力をつける気迫で)なのですが、一喜しないこともこれまた大事なのです。

いくつの模試を受けますと、問題の相性や、勉強した所が立て続けに出て、思わぬいい偏差値が出ることがあります。特に現役生に良くあります。

でもこれを自分の実力と思っては絶対いけません。

「そんなことはわかってる!」とあなたはきっと言うと思います。

でも口では言ってても、気持ちが。

心は弱いもので、なかなk自分に厳しく当たれません。

現に、勉強がゆるんだり、ただ一度の良い結果で志望校まで決める生徒をこれまでたくさん見てきました。

そのほとんどの生徒が、

「いい結果があなたの実力ではなくて、一番悪い結果を自分の結果と思うんや!」

と警告しても「わかってます」と返事はするものの、行動はまったく逆。

今、世間は、北京オリンピック一色。

予選落ちした日本人選手に、解説者が

「ベストタイムなら、楽々予選通過なんですけれどねえ。」

と、言ってる場面が、今回も多々見られます。

そうです、受験も、オリンピックもいっしょです。

プレッシャーのかかる、緊張した場面では、ベストスコアはまず出ません。

といって ,平常心になるのはもっと難しい。

ですから、最悪の自分が出ることを、想定して、これからの勉強を積み重ねていくことが実は、
一番合格への近道です。

なぜなら、試験では、ベストな自分もいませんが、意外と最悪な自分もまずいません。

「練習は自分が一番下手だと思え。試合は、自分が一番上手いと思え。」

何気ないよく聞く言葉ですが、簡単なだけに受験勉強の極意ではと思います。

センター試験当日の心得
一.センター試験は長丁場と心得よ。
センター試験は最大7科目、2日間にわたって行われます。多分そんな試験は
ほとんどの人が初めてだと思います。
これまでセンター試験を受けた「数ゼミ」の卒業生が一様に口を揃えて言うのは
「2日間は長かった」ということです。それは思っていた以上に長かった、ということだと思います。
7科目という試験自体も長いのですが、意外と長く感じるのは
科目と科目の間の休憩時間が長いということと、第1日目が終わった夜から
第2日目の朝までが、結構長いんです。
とにかく終わったことが気になって仕様がない、次に向けての勉強が
手につかないんです。 でもここはひとつ、タフにいかなくてはいけません。

二.我も人なり。ヤツも人なり。
とにかく試験というものはどんな試験でも、他人が自分より賢く見えて仕様がない
自分が一番アホに思えてしまうんです。 でもそこは、ド厚かましく「自分が一番賢いんや」
と暗示をかけてしまうんです。 なぜなら思うことは自由だからです。
ならば、良い結果が出るように思ってしまえばよいんです。
もし、ある教科の出来が思わしくないなぁと感じたら
「私が出来なかったんだから、まわりも出来てるはずがない。」
逆に、手応えがあったら、
「まぁ、こんなもんだろう。」と右から左へ受け流す。
そして、もう次の事を考える。 これに限ります。

三.反省は全部終わってから。
試験中、この2日間は絶対に反省してはいけません。 やったことは、やりっぱなし。
全部忘れる。「次へ次へ。前へ前へ。」の精神で。

以上とにかく精神的にタフに受けてきてください。

2年生におすすめ。
2学期は、毎週末、模擬テストがあります。

この時期の模擬テストは、私立、公立の高3生も浪人生も入り乱れて一番真剣に受ける、模擬テストです。

それだけに、出てくるデーターも、信頼の高いものになっています。

多少の上げ下げは、これからも考慮しなければなりませんが、自分の実力の現状を把握する基本線になります。

さて、今回は、この高3生・浪人生対象の模擬テストを、高2生に受けることを是非にもお勧めしたいのです。

なぜならば、理由は先ほどから書いているように、この時期の模擬の結果が一番信頼できるからです。

いや、模擬テストの結果は、この時期のものだけしか信頼できないと言っても過言ではありません。

この時期以外の、高1、高2、高3の一学期までは、まだ全員が真剣に受験勉強を始めてませんし、また、昨今は、私立と公立の授業時間等の
差が大きすぎて、私立の生徒の偏差値が、実力以上に高くでる事を懸念しなければなりません。

そこで、「高校2年の2学期に現役合格行き最終電車が出るぞ!」っと叫び続けている私としては、受験勉強をスタートさせるこの時期の、
まずは手始めとして、高校2年生として、一年、先取りの本番さながらの模擬テストへの参加を是非勧めたい。

全教科でなくていい。
数学・英語だけでも十分。

たぶん、偏差値は50切るだろうと思います。

そこがねらいなんです。

まず、スタートに、己の本当の実力を見つめる事が一番大事です。

勉強不足は当たり前。
どれだけ、自分は勉強不足か知らなければなりなせん。

「自分の実力を冷淡に、シビアに見つめる」

これこそ、来年、現役第1志望合格を実現するために必要な精神力です。
 
是非、いや絶対、この時期の、高3・浪人生対象の模擬テストに果敢にチャレンジして下さい。
きっと道が開けます。

がんばれ、浪人生。
早いもので、夏休みが終わり、2学期が始まって約2週間が経ちました。

公立の高校では、特に進学校は、文化祭も第1週目の土日辺りにすませて、早く落ち着いて勉強する態勢になろうとしていると思います。学校も必至ですね。

さて、やっぱり、私にとって気になるのは、浪人生。
夏休みが終わったというけじめの意識もなく、だらだらしていませんか。しっかりカレンダーを見つめて下さい。

夏休みの勉強は予定通りいきましたか。

いよいよ、今月の下旬から、模試ラッシュが始まります。

さて、浪人生諸君。もう後悔やら、反省やら、後を振り向いてる暇は
ありません。そんなことしても無駄なこと。

5ヶ月後、どこでもいいから、通って喜んでいる自分をイメージして下さい。志望校や、好き嫌いは一切関係ない。
通った大学が、あなたにとって都なんやから。

いいですか。どこでもいいから通るんですよ。
選り好みしてはいけません。

たで食う虫も好きずき。

もう一回、志望校を設定し直して、さあ、今日から、がむしゃらに行こうぜ。通った者が勝ち組や。通らなあきまへん。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。