FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


”影武者”数の理ゼミナール
【エピソードⅠ】

  今年度の中学校入試で国立大付属中学校を合格した女生徒。

  彼女は大手塾H学園に通っていたが成績がなかなか上がらず、クラスも下かろ2番目だった。

  そんな中6年生4月に「数ゼミ」にやってきた。

  「大手塾の補習を」ということだった。

  週3日は大手塾、残りの3日は「数ゼミ」というスケジュール。

  「全教科を見てほしい」という希望だったが、週3日では物理的に無理なので、とりあえず理科・社会を

  重点的に、算数は大手塾でわからない問題を質問するというスケジュールをたてました。

  理科・社会から重点的にすることにしたのは理由があって、小学4教科で比較的短時間で成績が上がる

  のが理科・社会です。

  一番時間がかかるのが国語。次いで算数。

  そしてこの生徒の場合何よりも不足していたのが学習時間。

  ここでいうところの学習時間とは、「覚える」「解く」時間のことです。

  大手塾では「聞く」時間ばかりで「覚える」「解く」時間はほとんどとってくれない。

  個々の家庭での勉強まかせ。

  しかし家に帰ると気が抜けてしまって、親が言うくらいでは聞きません。

  「数ゼミ」ではそこをしっかり指導して習慣付けました。

  塾の成績はグングン上がってクラスも上から2番目になった。

  ところがそのことが災いした。上のクラスになったので大手塾に通う日数が増えて「数ゼミ」に来れなくなった。

  けれども「数ゼミ」に来れなくなってからも実力をのばし続けられた。

  以前はあれだけ大手塾だけでは成績が上がらなかったのに。

  なぜか。理由は2つ。

  1つは、大手塾の授業を理解できるレベルまでの実力がついた。

  もう1つは大手塾で習ったことを、家に帰ってからさらに復習する習慣がついたからです。

  

 【エピソードⅡ】

  昨年度、大阪大学経済学部に合格した女生徒。

  彼女は一浪でした。

  中学生の時から「数ゼミ」に通っていたのですが、高校3年の一年間は大手の予備校へ通うとのことで

  一度辞められました。

  結果センター試験が惨憺たるもので、70%も届かなかった始末。

  浪人1年間はS予備校と「数ゼミ」でということでした。

  そこで私が出した支持は

  「センター試験1次対策は数ゼミで、2次試験対策は予備校で」

  「予備校の講座は全部とってはいけない。2次用の講座だけ」

  親も子も目を丸くしてましたね。

  つまりセンター対策の講座はサボれということですから。

  でも1回大失敗してるわけですから、何の異論もなく受け入れていただけました。

  今思えばここで、1年後の合格は90%決まっていたのかもしれません。

  理由はまた別の機会に申し上げます。

  結果、1年後にセンター試験83%をとりました。

  ここからは笑い話。

  合格後すぐに予備校から本人に合格体験記の依頼がありました。

  「それも”なぜセンター試験が現役の時に比べて飛躍的にとれたか”について書いてください」とのこと。

  「はい、わかりました。」と返事したものの困っていました。   

  本人曰く

  「私、センター対策の講座何もとっていないんだけどなあ」


 【エピソードⅢ】

  3年前県立医科大医学部を通った女生徒。

  彼女も予備校に通っていたが、3年生の始まりに「数ゼミ」にやって来た。

  「センターの数学が一向に上がらない」とのこと。

  この生徒は医学部を目指すだけあって基礎はできていたので、ひたすらセンター試験の実践問題を解かせた。

  結果、94%の驚異的な数字を叩き出して悠々と合格していった。


   さて、どのエピソードの生徒も大手塾、予備校の合格者名に写真入りで出ているが「数の理ゼミナール」の

   名はどこにも出てこない。

   またどの保護者も「何もしてない。勝手に上がった」とうそぶいておられる。

   このブログをお読みの方に申し上げます。

   お子様が通っておられる塾のお友達の成績が急に上がったら、それは何処か良い塾か、誰か良い先生を

   見つけたんだなと思っていただいてまず間違いない。

   母親は

   「何もしてないの」

   おっしゃるだろうけれど。


  




スポンサーサイト
ここだけの本当の話

「根拠はなんですか」

と問われそうな話ですが、これからお話するのはとりあえず事実なんです。

今朝、ふと気づいたのですが、当塾「数の理ゼミナール」を開塾しまして今年で8年目に入ったのですが、

これまで「数ゼミ」から国公立大学へ入った生徒(ざっと50人超えますが)はみんなハキハキしゃべる子

ばかりなんですね。

何度思い返してもそうでない子は思い浮かばない。

見事に全員ハキハキと理路整然と受け答えをする子ばかりなんです。

私がこだわる国公立大学へ入れるためには勉強より先にハキハキとしゃべる子をつくった方が早いんじゃないか

と思えるほどです。

ですから、逆に何度注意してもボソボソと受け答えをする子はやっぱり伸び悩んでいます。

こちらから質問しても必ず「声が小さい!」と注意して聞き返さないといけない。

何度注意しても、厳しく言っても直らない。

やっぱりご家庭ですかね。

それも親と子の会話。ここだと思います。

他人と話ししていても自分の親と話ししてるように甘えてるんですね。

結局、試験問題は質問と回答、つまり会話と同じ。

会話で相手がわかるように説明できない子はやっぱり「試験下手」なんですね。

一度お子さんとの会話を点検してみてください。


07/24. 17:17 [ 未分類 ] CM1. TB0 . TOP ▲
高校数学で地獄を見ているあなたへ ②
 このタイトルどうり高校の数学で地獄を見ている高校生は山ほどいると思います。

 私も今は高校数学を教える立場にいますが、高校時代は数学で地獄を見ました。

 「中学校のときは数学がわかっていたのに」

 「中学校時代はどちらかというと数学は得意だったのに」

 こんな想いの高校生も多いと思います。

 ではなぜ高校生になったとたんに数学がさっぱりわからなくなるのでしょうか。

私なりに自分の経験から思うことをあげたいと思います。

 ①まず「実は中学数学はそんなに難しくない」ということです。

  私の感覚では小・中・高の数学で一番難しいのは「中学校入試」の文章題だと

思います。

  つまり小学校算数の文章題が一番難しい。

これは方程式を使えないことが一番の理由だと思います。

  次が「高校数学B」「高校数学 Ⅲ」および「高校数学 C」そして

「高校数学 A」の順です。

それらにくらべて「中学校数学」は本当に易しい。

文章題の割合が少なく、方程式、文字式,因数分解で全体の3分の2がだいだい

解決してしまう。

  三角形の合同・相似の証明があるけれどもこれも後の高校の数学の証明に比べれば

  序の口と行って良い。

  ところが高校の数学は中学校の数学より数段難しい。

  全く別物ととらえても良いかもしれません。
 
  それほど「中学校数学」「高校数学」には差があります。

  それでも高校に入っての最初の一学期の中間考査の範囲は中学校の数学をちょっと

  難しくした程度だから何となく乗り切ってしまう。

  ところが期末考査の「2次関数」「2次不等式」あたりになるとぐっと難しくなる。

  それも教科書を読もうが、参考書を見ようが、先生に聞いても、さっぱり理解できない。

  気がつくと「わからない地獄」にどっぷりとはまってしまっている。

  本当は3月の中旬の合格発表から入学して授業が始まる4月中旬までの約1ヶ月の間に

  ほぼ中間考査の範囲を予習(学校から渡された問題集を解く)しておかないと実際に授業が

  始まるととてもついて行けないのです。

  さてここでもう一つの大きな問題が生じてきます。

    「高校数学を教えれる人がいない」

  ということです。

  これについては次回じっくりお話したいと思います。

高校の数学で地獄を見ているあなたへ ①
とある高校の数学の授業中。

1人の高校生がこの数学の授業を受けている。

どこの単元かはわからない。

なぜならこの生徒はこの授業が始まってからこのときまで前で先生が話す内容や、

黒板に解かれた問題の解答がさっぱりわからないのだから。

ただこの生徒の不幸はここで終わらない。

授業の内容がわからないのは何もこの授業だけに限ったことではない。

この生徒がこの高校に入学して1学期もたたないうちに早くもこの兆候は現れ始め

2学期になるや完全に暗闇の洞窟に迷い込んだまま現在に至っている。

そしてこの暗闇はこの先も続くことが容易に想像できるだけに始末が悪い。

先ほどから黙々と黒板の字をただひたすら写しているこの生徒の心の中をのぞいてみる。

「誰か助けてくれ~。」

と叫んでいる。

そしてその生徒の顔をのぞき込んでみるとなんとそれは高校時代の私ではないか。

ここでハッとして目が覚める。

50を過ぎた今でも、年に2・3回これと同じ夢を見ます。

これは実話なのです。

小学校時代に「算数の神童」と呼ばれ、中学校時代には中間・期末考査の数学は

ほぼ100点だった私は、高校に入るとさっぱり数学がわからなくなるという

悪夢のような経験をしました。

現役の教師時代、授業中によくこの話をしてやりました。

すると生徒は必ず質問します。

「じゃあ、先生はなぜ高校の数学の先生になれたの?」

もっともだと思います。

そこで私は答を探します。

しかしなかなか答が見つかりません。

生徒は食い入るようにこちらをみつめて答を待っています。

けれどもまだ答は見つかりません。

いや本当は一つだけみつかっているのですが。

なおも他の答を必死に探すのですが見つかりません。

そしてとうとうそのたった一つの答を正直に言うはめになります。

「それは才能や。」

そのとたんに生徒はどっとしらけてしまいます。

けれどもそれしか理由が見つからないのです。

長い長い暗闇のなかでのたうち回っていた私はある時教科書の式を見ていました。

その時ふっと絡み合った糸が急にほどけだしたのです。

式と式の間の教科書には書いていない式が見えたのです。

「数学の勉強とは教科書(参考書、解答、解説etc)の式と式の間の書いていない

 式をみつけることだ」

とわかったのです。

晴天の霹靂、まさに雷にうたれたように電気が走ったような感じでした。

誰にも教わらず自分で自然に見つけたのですから「才能や」としか言いようがないのです。

けれどもそれでは数学の教師としては何の値打ちもありません。

数学が苦手で高校時代の私と同じように暗闇に迷い込んでいる生徒すべてが光の中へ

脱出できるように導いてやらなくてはなりません。

私の23年間の教師生活はほとんどがそれに費やされました。

そしてそれは自分も子の親になってからさらに拍車がかかりました。

その結果、現在ほぼ確かなものをつかめたように思います。

それは決して独りよがりなものではなく、「数ゼミ」の生徒の高い確率での確実な成果

が物語ってくれています。

次回からその私がつかんだものを一つ一つ紹介していきたいと思います。

12/15. 21:42 [ 数学 ] CM0. TB0 . TOP ▲
良い種をまかないと

2学期の期末考査も終わり、その答案が返って今日この頃。

わたしどもの「数の理ゼミナール」への問い合わせも一気に増えます。

これは1学期、3学期についても同じことで、試験のの結果を見て保護者の方も予想外の悪さにあわてられる

ようです。

また、この時期には、受験の相談が良くあります。

中学校受験、高校受験、大学受験にしてもこの時期には学校や、塾の懇談会で具体的な合格可能な学校の名前

が提示されるわけです。

「もっといい学校に行けると思っていたのに」

「こんな所しか行けないの」

保護者の方の思いはだいたいこのような怒りにも似た思いに集約できると思います。

で、私どもの所に問い合わせがあります。

私はいつもこのように質問します。

「半年前、つまり夏休みまでの学習はどうされてましたか」と。

だいたいの方はまだその頃はまだまだ先のこととのんびりされてたようです。

今の結果はこの半年間の結果が出ているわけです。

ですから、いまさらじたばたしてもこれはどうすることもできません。

しかし塾・予備校の宣伝には

「○○○日逆転」とか「当塾には効率のいい勉強方法があります」とか「プロの講師が合格へと導きます」

いろんな魅力的な言葉が踊っています。

私には正直ウソ臭く聞こえてならない。

勉強ってそんなもんじゃあない。

こつこつ積み上げる以外に方法はない。

いかに生徒に勉強を長時間持続させられるか。

ここが塾の本当の腕の見せ所。

こんなことを電話で申し上げていると大方の保護者の方は「もう、いいです」と切られます。

「本当のことを言ってるのになあ。」

「良い種をまいて育てないと良い花は咲かないし、おいしい実もならないのになあ」

そんなことを思いながら受話器を置きます。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。